カップリング目指して

自己PRは完結にしましょう。会話は掛け合いで成立します。完結にしゃべっては、軽い質問をすると相手もしゃべりやすくなります。もちろん、あまり細かい質問よりも答えやすい質問のほうがベターです。最初は平凡な会話のほうが安心感があるものです。

ハートうなずくときには首を縦にふりましょう。首を縦に振るのは肯定のサインです。相手が話しているときに、首を縦に振ると相手は話しやすくなります。また、話に、へえ、とかなるほどとかいうときにも多少の手振り身振りがあったほうが話が弾みます。短い時間なので、本当に意味のある会話はできないのが現実です。話が弾んだという印象、雰囲気を作り上げることが大切なのです。好感を正直に表現しましょう。お見合いパーティーではみんなが好感をもたれるかどうか不安に思っています。好感をもたれて嫌がる人はいません。好感をもったお相手の印象に残るためには、別れ際のあいさつが物をいいます。

最後にカップリング希望のお相手を指名しますが、この時にもきちんと第三希望まで記載しましょう。お見合いパーティーに参加した以上、カップリングを成功させたほうが結婚に近づきます。当然ですが、名前を間違えたりお相手の番号を間違えたりするのは、痛恨のミスというべきものです。

Pocket

会話を弾ませるために

お見合いパーティーのクライマックスは会話です。会話が盛り上がれば印象がよくなり記憶にも残ります。もちろん、ユーモアは大切ですが、げらげら笑いをするほど面白いことを言う必要はありません。ダジャレなどは、ふざけた印象を与えてしまって逆効果です。会話を弾ませるのに一番いいのは、共通点を見つけることです。プロフィールをよく見て、趣味、出身地、居住地などで共通するところがあれば親近感もわきます。ただし、出身地にしても居住地にしても、お相手の個人情報になる部分まで聞くのは遠慮しましょう。

会話逆に言えば共通点を見つけやすいプロフィールを作っておくことも大切です。趣味の欄などは、旅行や音楽鑑賞、カラオケなど現実に自分が好きでしかも誰でもが話題にしやすいものも記載しておきましょう。マニアックな内容は書いてもかまいませんがスルーされやすいことを理解しておきましょう。ある婚活パーティーのサイトでは、プロフィール保証型パーティーもあるぐらいですから、しっかりと準備をしておくことをお勧めします。

ただ、いくら共通項があっても無表情では話は弾みません。逆に、適当な話題が見つからなかったとしても気分が和らぐのが笑顔です。こんにちはといえばまず笑顔です。ところが、緊張していると頬がこわばって笑っているつもりでも硬い表情になっているときもあります。日頃から顔の筋肉を柔軟にしておきましょう。また、会話が終われば「楽しかった、ありがとう」を言葉に出しましょう。

Pocket

お見合いパーティー成功術

身だしなみ最近は結婚相手を探すためにお見合いパーティーに参加する人が増えています。親戚や友人の紹介もいいのですが、話がまとまらなかった場合にとても気を使うことになります。うまくまとまっても、関係によっては結婚後まで何かと気を使うことも多いので、お見合いパーティーを選ぶ人が多いのです。そうはいっても、折角お見合いパーティーに参加するのですからできるだけ成功させたいものです。お見合いパーティーを成功させるためには、まずは身だしなみに気を配りましょう。ヘアケア、お肌の手入れなどの基本を外さないようにします。

このようなことは女性は普段から行き届いている人が多いのですが男性は無頓着な人もいます。しかし、髪の毛がパサパサだったり肌荒れがひどかったりすると魅力半減です。当日だけちゃんとするのではなく、日ごろから最低限のケアはしておきましょう。顔はもちろんですが、ふっと視線を落とした時やメモを渡すときに意外に目につくのが手です。

日頃から、手のお手入れもしておきましょう。お化粧はもちろんナチュラルメイクでネイルもナチュラルなものにしましょう。服装は、ブランドもの、おろしたての物はやめたほうが無難です。少し着なれていて、クリーニングおろしぐらいのほうが落ち着いて見えます。初対面ですから見た目の影響は大きいもの、お化粧崩れやギトギトの整髪料では印象が悪くなってしまいます。会場に入る前には、お化粧直し、顔の皮脂とりは基本です。さて、次は会話を弾ませるための方法について紹介します。

Pocket